ご供養

亡き人を想い過ごすひと時

宝寿院のご供養

水子供養

供養料

個別供養 一霊 一万円〜(随時ご予約受付)

合同供養 一霊 五千円〜(毎月24日10時〜)

小さな我が子に想いを届けましょう

お地蔵様は、どんな世界にいても救いの手を差し伸べるとお誓いを立てられた慈悲深い仏様です。

また、この世に産まれ出ることの叶わなかった赤ちゃんを、お父さんお母さんの代わりに守り導いてくださる仏様でもあられます。

「水子の祟り」などと耳にすることがあるかもしれませんが、水子さんは本来ならば成長を見守り人生を共に過ごす可愛い赤ちゃんです。

お祓いではなく心を込めたご供養を捧げて、幼くして逝った我が子に温かな愛情を届けましょう

通常の水子供養に加え、毎年8月第4日曜日午前9時から水子供養の盆施餓鬼を勤めます。

年に一度の大法要には是非お参り下さい。(供養料 五千円〜)

宝寿院のお地蔵様

宝寿院に奉安されている子安の地蔵菩薩は室町時代から明治初年まで現在の津島神社東門脇の十王堂にまつられていました。子供を授けて欲しいという願い、又子供を亡くして悲嘆にくれる母・庶民の素朴な願いを受け止められて参詣者が列を成したといわれています。

丸い屋根の個性的な形のお堂は平成18年11月再建。ここにもお釈迦様の教えが伝えられている事を皆様に広く知って頂く事を念願して、アショカ王仏塔を模して建立されました。

水子さんのお墓として親しんで昼夜問わずお参り頂けたら幸いです。

先祖供養

施餓鬼(せがき)の功徳をご先祖さまへ

宝寿院では年に一度、8月第4日曜日午前11時より施餓鬼(せがき)法要を厳修しております。

施餓鬼とは「餓鬼(がき)」つまり、供養されない霊や魂に心のこもった施しをすることで大きな功徳を得て、その功徳を先祖や亡き人に回し向けるという、お釈迦様の頃から行われてきた法要です。また、今生きている自分達の心の中に潜む「餓鬼」つまり、欲をかき貪(むさぼ)る心を見つめなおし、
生きとしいける全ての命の為に祈り、仏様のような清らかな心の状態に近づけるという、自分達の為の修行でもあるのです。

宗旨宗派関係なくごどなた様も参加頂いております。お盆は檀家寺さまのお参りに加えて当山で施餓鬼をされることをお勧め申し上げます。

先祖供養の施餓鬼法要

日時:毎年8月第4日曜日午前11時〜

供養料:六千円〜

ご法事

先祖供養や一周忌や三回忌などのご法事など、故人様の年回忌法要を厳修いたします。

大日如来を奉安する光明殿にて個別にお勤めさせて頂きます。25名様までお入り頂けます。

宗旨宗派は問いません。法要は真言宗智山派の次第でお勤めいたします。

ご法礼: 一万円〜

お魂抜き・お魂入れ(おしょうぬき・おしょういれ)

お魂抜き 3千円〜(処分費用は場合により異なります)

思い入れのあるお人形や、亡くなった方の形見やお写真などのお魂抜きを致します。

こちらで処分できないものもございますのでご相談ください。

お仏壇のお精入れ・お精抜き 一万円〜(出張料込み)

お仏壇の修理や処分に伴うお精入れ、お精抜きも致します。

お宅までお伺いしてお勤めさせていただきます。

ペット供養

供養料: 五千円〜

大切な家族であるペットさんにありがとうの気持ちを込めてご供養を捧げましょう。

申込方法

◆事前予約随時受付中

電話、FAXまたは、予約フォームより行ってください。

電話/FAXでの申込
電話:0567-25-4154  FAX:0567-25-4199

WEBからの申込
こちらのお申し込みフォームより行ってください。