涅槃会に団子を作りお配りします。

涅槃会の団子は「やしょうま」とも言われ、米の粉を湯で練ってから蒸し、それをちぎってゆで大豆・青海苔・ごま・切刻んだ野菜等と食紅を混ぜて形を整えたものです。       2月15日は釈迦がなくなった日、涅槃会です。 この日にお供えするのが「やしょうま」です。 釈迦が涅槃のとき弟子の邪(やしょ)が作った団子を食べたといわれています。

宝寿院では60年前まで、3代前の住職がこの団子を作りご近所にお配りしていたそうです。 同じ味が復活できるかどうか。

15日朝から米粉を練って、写真の様な団子を作ります。。。お楽しみに!

涅槃団子「やしょうま」

関連記事

  1. 毎月21日写経会

  2. 住職と行く初夏バス旅行、受付中!

  3. 3月20日(月)・21日(火) 特別イベントのご案内

  4. 本日は午前中一般参拝・御朱印はできません。

  5. 本尊「薬師如来」は左手の薬壺の中身は?

  6. 明日3月1日10時から護摩祈祷

  7. 平成26年6月15日16日「高野山・京都智積院と青葉祭の旅」ご案内

  8. 2月15日 常楽会・護摩祈祷