涅槃会に団子を作りお配りします。

涅槃会の団子は「やしょうま」とも言われ、米の粉を湯で練ってから蒸し、それをちぎってゆで大豆・青海苔・ごま・切刻んだ野菜等と食紅を混ぜて形を整えたものです。       2月15日は釈迦がなくなった日、涅槃会です。 この日にお供えするのが「やしょうま」です。 釈迦が涅槃のとき弟子の邪(やしょ)が作った団子を食べたといわれています。

宝寿院では60年前まで、3代前の住職がこの団子を作りご近所にお配りしていたそうです。 同じ味が復活できるかどうか。

15日朝から米粉を練って、写真の様な団子を作ります。。。お楽しみに!

涅槃団子「やしょうま」

関連記事

  1. 6月1日(木)午前10時~ 厄除け護摩祈祷

  2. 本日10月8日10時から護摩祈祷

  3. 寺宝展展示物1 「津島市指定文化財 神仏分離顛末記宥三日記」

  4. 真言宗智山派と総本山智積院

  5. 12月15日(日)午前10時より本年最後の薬師護摩勤修

  6. ご先祖様のお盆の迎え方

  7. 宥貴お披露目会参加を締め切らせて頂きます。

  8. 本日11月15日10時より護摩祈祷