宝寿院の庭に福寿草

今日は温かいですね。

まだまだ庭も花が少なく寂しいですが、足元を見ると福寿草が(#^.^#)2014-02-21 10.57.13

花期は初春で当初は茎が伸びず、包に包まれた短い茎の上に花だけがつき、写真の状態。。

次第に茎や葉が伸び、いくつかの花を咲かせます。この花は花弁を使って日光を花の中心に集め、その熱で虫を誘引している。その為、太陽光に応じて開閉(日光が当たると開き、日が陰ると閉じる)夏になると地上部が枯れる。つまり初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、それから春までを地下で過ごす、典型的な春植物なのです。

花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。

 

 

関連記事

  1. 寺宝展展示物6 「三千仏」佛名会本尊 薬師・釈迦・弥陀如来三佛を拝む

  2. 2月21日写経会中止・直書き御朱印の受付方法のご案内

  3. 高野山・智積院 参拝旅行のご案内

  4. あと10日です。元朝祈祷申込、お急ぎ下さい!

  5. 12月の行事予定・御朱印のご案内

  6. 冬季受付時間のご案内 

  7. 第2回お寺でファスティング(断食)ツアーのお知らせ

  8. 明日弘法様の縁日にて、寺宝展・写経会