寺宝展展示物3 「津島市指定文化財 弥陀三尊仏」

「津島市指定文化財 弥陀三尊仏」

正面真中の仏さまが阿弥陀如来(仏)、 向って右が観音菩薩、左が勢至菩薩です。
菩薩とは、もともとは仏になるために修行する人のことを言いましたが、観音菩薩や勢至菩薩の場合は阿弥陀仏の分身として、その働きを助ける者という考えです。阿弥陀さまは、どのような人でも区別なくお救い下さいますが、阿弥陀さまが、慈悲として働かれる時には観音菩薩をつかわし、智慧として働かれる時は勢至菩薩をつかわされます。

寺宝展は3月21日9時から16時まで行います。

「弥陀三尊仏」

関連記事

  1. 元旦午前0時から1月8日まで本尊お開帳

  2. 十月の行事予定・御朱印案内

  3. 本日星祭の御札を一斉に郵送いたしました

  4. 12月の行事予定・御朱印のご案内

  5. 1月8日初薬師大祭

  6. 本日14時より御詠歌練習会

  7. 本日11月8日10時より護摩祈祷

  8. 2月3日午後2時~「星祭り」