寺宝展展示物6 「三千仏」佛名会本尊 薬師・釈迦・弥陀如来三佛を拝む

「三千仏」佛名会本尊 薬師・釈迦・弥陀如来三佛を拝む 

三千仏とは、過去・現在・未来に出現する三千の仏さまのことです。三千仏礼拝行は本尊様や僧などに向かって、己の過ちを告白して懺悔(さんげ)する人々を救済するための悔過法要で、圓教寺では数百年続いている歳末の行事です。本来は僧がすべての人の罪を被り、罪を犯した人々のかわりに懺悔する苦行ですが、この歳末に、圓教寺の僧侶とともに自分自身の心の垢を削ぎ落としていくつもりで行じてはいかがでしょうか。
過去・現在・未来の三千の仏様のお名前を唱えて、五体投地礼を行います。 畳2枚程度の大きな掛け物です。

寺宝展は3月21日9時から16時まで行います。

「三千仏」佛名会本尊

関連記事

  1. 令和5年4月 寺報『ぼだい樹』

  2. 境内大掃除をしました

  3. 星祭の祈祷、豆まきがおわりました

  4. 薬師如来の両脇の仏様

  5. 夏の先祖供養・水子供養のご案内

  6. 6月15日・16日バス旅行定員あとわずかです

  7. 本日から「花まつり」のお祝いをします

  8. 寺宝展展示物4 「十二天の内の四天像」