3月21日弘法様御入定の日 お菓子・果物他色々な接待あります

3月21日弘法大師御入定の日「御影供」には、{ほどこしの日}としてお参り頂いた方にお菓子やパン、果物等を接待しております。

真言宗を開かれた弘法大師は、承和2年(835年)3月21日にご入定(にゅうじょう)されました。このことに基づいて、弘法大師のご縁日は「毎月の21日」となっています。

ご縁日には、弘法大師の恩恵への感謝を捧げるために、「御影(みえい)=(お大師さまのおすがたを描いた図像)」をかざり、その御影を生身のお大師さまに見立てて法要を行います。この法要のことを御影供(みえく)といいます。 3月21日の入定の日に行う法要を、「正御影供(しょうみえく)」、3月以外の毎月21日に行う法要を「月並御影供(つきなみみえく)」といいます。

宝寿院では毎月21日10時から大師堂にて御影供の法要をしております。

3月21日は寺宝展・写経会を催し年に一度、当院の宝物を公開しております。

大師掛け軸

関連記事

  1. 8月27日午前8時半~ ボランティア掃除

  2. 6月15日(金)厄除け護摩祈祷厳修

  3. 5月24日(水)午前10:00~ 水子供養

  4. お佛供米をさし上げています。

  5. 住職と行く初夏バス旅行、受付中!

  6. 3月31日、4月1日は住職不在です

  7. 4月8日護摩祈祷は9時半からに変更致します。

  8. 涅槃会に団子を作りお配りします。