本日より甘茶接待

4月8日はお釈迦様の誕生日です。

一般的に「花祭り」「灌仏会」(かんぶつえ)「仏生会」(ぶっしょうえ)「降誕会」(ごうたんえ)などと言われています。

当院では、本日から4月10日まで本堂前に花御堂を飾りお祝いします。

お参りの方々に甘茶をお飲み頂けるように、ご準備してお待ちしています。

お持ち帰り用はペットボトル入りで300円です。

2016-04-03 08.35.38

 

 

 

 

お釈迦さまは、およそ2500年前、インドの北部・ヒマラヤの麓(現在のネパール)で、カピラ城の城主「浄飯王(じょうぼんおう)」とその妃「摩耶夫人(まやぶにん)」との王子としてお生まれになりました。伝説では、摩耶夫人が胎内に白い象が入る夢をみて身ごもったといわれています。御生誕の場所はルンビニーという花園で、時はまさに美しい花が咲き香っている季節でした。王子が誕生すると天より甘露(かんろ)の雨が降り注ぎ、王子の体を清めました。すると王子はすぐに立ち上がり、七歩あゆまれ『天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)』といわれたそうです。甘露の雨は神々の祝福であり、七歩あゆんだことは六道、すなわち地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天という輪廻(りんね)の世界を超えたことを意味します。また、『天上天下唯我独尊』とは、人間性の尊厳をいいあらわしたものです。

はなまつりで飾る仏具は、こうしたお釈迦さまのご誕生の様子を再現するものです。誕生仏生まれてすぐ歩まれたお姿を、そして、花御堂はルンビニーの花園を、甘茶は甘露の雨をあらわし、白い象は尊い人の乗り物をあらわしています。こうした様子をたどることで、お釈迦さまによる広大な恩恵に感謝し、そのご誕生をたたえます。

 

 

関連記事

  1. 4月8日は、お釈迦様の誕生日(花まつり)

  2. 8月1日(金)10時より護摩祈祷

  3. 6月15日.16日は住職は不在です。

  4. 1月24日合同水子供養

  5. 4月1日を変更し本日10時から護摩祈祷あります

  6. 明日3月1日10時から護摩祈祷

  7. 宝寿院の庭に春が来ました。

  8. 8月12日14時から「着物着付け練習会 第1回目」