本尊「薬師如来」は左手の薬壺の中身は?

薬師如来は、右手は施無畏印(不安や恐怖心を取り除く)、左手は与願印(望みを与える)に薬壷を持ちます。薬壷の中には、からだの病も、こころの病も、

すべての病を治すことのできる霊薬が入っているといわれます。

その霊薬を「阿伽陀(アッキャダ)」と言い、津島の土産「あかだ」はその由来で作られました。

平安時代,弘法大師が悪疫退散を祈願した際,お供えしたお米のお下がりで作ったのが始まりとされるとか。

実際、薬壺の蓋をとって見た者は誰もいませんが、このおみやげの「あかだ」が入って入るのでしょうか?

images[2]

 

関連記事

  1. 8日は「お薬師様の日」、10時から本堂で護摩祈祷があります。

  2. 8月27日午前8時半~ ボランティア掃除

  3. 高野山・智積院 参拝旅行のご案内

  4. 宝寿院は明治初期まで津島神社の神宮寺でした。

  5. 東日本大震災慰霊と復興に向けて 写経会をいたします

  6. 10月21日(水)写経会

  7. 宝寿院バス旅行2日目!

  8. 寺宝展展示物2 「津島市指定文化財  鰐口」