寺宝展展示物2 「津島市指定文化財  鰐口」

「津島市指定文化財  鰐口」

牛頭天王御宝前奉懸打金事檀那圓道太郎貞光  康安元年五月一日の銘文がきざまれ、中心部のつき座には蓮華文様が施され、銘文から南北朝時代 康安元年(1361)に圓道太郎貞光が牛頭天王に奉納。  ,鰐口は魔羯大魚(海中に生息する巨大な魚形の動物)を表わします。打つことにより魔障を退治するという意味があります。

寺宝展は3月21日9時から16時まで行います。

<「鰐口」津島市指定文化財

関連記事

  1. 宝寿院は明治初期まで津島神社の神宮寺でした。

  2. 本日から「花まつり」のお祝いをします

  3. 2月15日(水)護摩祈祷の後、涅槃会厳修

  4. 11月8日午前10時護摩祈祷

  5. 3月20日(月)・21日(火) 特別イベントのご案内

  6. 呼吸法健康体操教室in宝寿院 

  7. 本日初薬師大祭が無事終わりました

  8. 8月21日(金)9時から4時まで写経会